職場の教養

研修をやっていると
思わぬトラブルに出くわすことがある

今回職場の教養で紹介されているのは
プロジェクタが急に使えなくなったが
紙資料で対応したという話だった

このように本来だと機器を使うはずが
故障などで急に使えなくなるということもある

私の場合、ありがちなのは
ペンを一人1本用意してほしかったのに
それが準備されていないというケース

そのために私は車の中に
常にペンを数十本準備をしている

他にも準備して欲しい備品がなかったこともあったが
その場の機転で対応したということが何度もある

こういったときには慌てずに
その場でできることを考えて対応することが必要になる
こちらがガチガチにストーリーを固めすぎると
柔軟な対応ができなくなることもある

事前準備はしっかりとしておくことは大切だが
私はあえて緩めに準備しておく
何かあったときに柔軟に対応できるようにするためだ

なにより、心の準備がいちばん大切である
いつも笑顔でいれば
その場の機転はすぐにひらめくものだ

思ったようにいかないときには
眉間にシワを寄せずに
にっこり笑ってみるのもいいですよ

Youtubeちゃんねる「ひろさん」、登録よろしくね♪

Amazonで小説
「コーチ物語」シリーズ
を続々発行中!

小説メルマガ「コーチ物語」ぜひお読みください

メルマガ購読・解除

コーチ物語 ~明日は晴れ~
購読 解除   読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!