職場の教養

人はいくつになっても新しいことにチャレンジできる
もうこんな年齢だから、というのは関係ない

以前、何かでトライアスロンに挑戦するおばあちゃんを見た
この方がトライアスロンを始めたのは
そこそこ高齢になってからだったと記憶している

また有名な話としては
ケンタッキー・フライドチキンを創設したカーネルサンダース
彼がこの事業をやろうとしたのは
なんと65歳からだったのは有名な話だ

そう考えると、私はまだ52歳
これからでも新しいことを始められる
些細なことでいいので、今からやってみるのもいい

また、すでに二十年近くずっとやり続けているチャレンジもある
それが小説書きである
このブログの下でいつも宣伝しているが
これも飽きもせずに毎日、毎週書き続けている

チャレンジには果てがない
おそらく一生チャレンジし続けることになるだろう
そうでなければ人生は楽しくない

ぜひみなさんも何かにチャレンジし続けて下さい
きっと楽しい人生を送ることができますよ

Youtubeちゃんねる「ひろさん」、登録よろしくね♪

Amazonで小説
「コーチ物語」シリーズ
を発行中!

小説メルマガ「コーチ物語」ぜひお読みください

メルマガ購読・解除

コーチ物語 〜明日は晴れ〜
購読 解除   読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!