職場の教養

水というのはおもしろい物質である
私達は普段、水の恩恵を受けているが
時と場合によっては、水は害を及ぼすものになる

これはどんなものも
プラスとマイナスの両面を持っているということを
示すにはピッタリの例だと思う

大事なのは、そこには善悪があるわけではない
善悪を決めるのは私達人間の心である

プラスとマイナスがあっても
水は生活に欠かせないもの
それと同じように、どんなものも全て
私達の生活には必要なものばかりだ

目の前のものに感謝をすれば
それは私達にずっと寄り添ってくれて
生活を助けてくれるだろう

粗末に扱えば
それは牙を向いて私達を脅かすだろう

すべては自分の心次第
だからこそ、すべてのものに感謝をして
その恩恵をありがたく受けていきたいものだ

Youtubeちゃんねる「ひろさん」、登録よろしくね♪

Amazonで小説
「コーチ物語」シリーズ
を続々発行中!

小説メルマガ「コーチ物語」ぜひお読みください

メルマガ購読・解除

コーチ物語 〜明日は晴れ〜
購読 解除   読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!