職場の教養

6月の晦日、つまり本日
夏越の祓という行事が行われているのを
私は知らなかった

ここで行われる「茅の輪くぐり」というのは
テレビなどで紹介されたこともあるので
知ってはいたのだが
それが夏越の祓という行事名だとは知らなかった

日本にはこのような厄除けや豊作祈願の行事が数々ある
今ではそれがどうして行われているのか
その事を知らずに行事として参加したり見たりしている

例えば、博多祇園山笠
クライマックスの追い山は迫力があり
例年だと多くの観光客がこれを見に来る

が、どうしてあのような形で
「山」といわれる山車を競り合うようになったのか
また飾り山といわれる派手で大きな山車を飾るようになったのか
これを知らずに楽しんでいる人のほうが多いのではないだろうか

こういった日本文化を継承することは大切
そして、その意味をしっかりととらえ
形だけではなく心も継承していく必要がある

今年まではコロナの影響で各地の行事も規模は縮小されるだろうが
ぜひ多くの文化行事に触れつつ
その心にもしっかりと触れてほしいものだ

Youtubeちゃんねる「ひろさん」、登録よろしくね♪

「幸せな男女関係をつくる!」動画もぜひご覧ください
日本婚活コーチング協会チャンネル

Amazonで小説
「コーチ物語」シリーズ
を続々発行中!

小説メルマガ「コーチ物語」ぜひお読みください

メルマガ購読・解除

コーチ物語 〜明日は晴れ〜
購読 解除   読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!