安田課長とやる気仙人が繰り広げる、コミュニケーションのコツ、ポイントをコント仕立てでお届けする動画です。
今回のテーマは「相談されたときに持っておくべき信条」です

登場人物紹介
安田課長(以下「安」)
営業の課長でいつも部下や家族とのコミュニケーションで困っている
やる気仙人(以下「や」)
安田課長が困っているとアドバイスをくれるお助けマン

安「なるほど、そうか。お前も大変だな。しかし、これからどうすりゃいいんだかなぁ」
や「安田のやつ、今日は部下の悩みを聞いてあげておるようじゃが。あいつも上司としてそれなりのことをやっておるようじゃな」
安「わかった。その件はオレっちもできる限りのコトをしてやるから。そんなに落ち込むなって」
や「ほう、なかなか良い感じで進んでおるようじゃな。おっ、相談が終わったみたいじゃ」
安「ふぅ、ったく、あいつも難しい問題を抱えたもんだ。それにしてもこれからどうすりゃいいんだろうなぁ。オレっちのほうが落ち込むなぁ」
や「おい、安田、安田よ」
安「よぉ、仙人。ちょっと聞いてくれよ。うちの部下が厄介事を背負い込んじちまって、それで悩んでるんだけどよぉ。どうしたらいんだろうなぁ」
や「なるほどのぉ。ちょいと一つ聞いてもよいかな?」
安「なんだよ、仙人?」
や「安田よ。どうして今、お前さんが落ち込んで悩んでおるのかな?」
安「どうしてって、今説明したじゃねぇか。部下が厄介事を背負い込んで、それを相談されたから…」
や「だから、どうしてお前さんが悩まないといけないのかな?」
安「どうしてって、普通そう思うじゃねぇかよ」
や「ではお前さんが悩んで、何か解決するかな?」
安「いやぁ、特に解決はしねぇかもしれねぇがよ…」
や「じゃろう。そもそもその問題は誰の問題なのじゃ?」
安「そりゃぁ、部下だけど」
や「だったら、お前さんが深く考えたところで、何も起きんわな」
安「まぁそうだけどよ。じゃぁ、オレっちは何もしねぇほうがいいってことか?」
や「お前さんが妙案を思いついたり、解決に対して情報やアイデアを持っておるなら別じゃが。そうでないのにお前さんまで一緒に悩み、落ち込む必要はない」
安「なんだかドライだなぁ。もうちょっと人間味のある対応をしねぇといけねぇんじゃねぇのか?」
や「その通り。じゃからこそ、お前さんは第三者の立場でいるべきなのじゃ。そもそも部下の問題は部下が解決すること。お前さんが代わりに解決してあげる事はできん」
安「うっ、そ、そうだけど…」
や「大事なのは、客観的な視点で物事を言える立場の人間じゃ。それはあくまでも部下の問題であり、お前さんの問題ではないのじゃからのぉ」
安「確かにそうだよなぁ。そう言われりゃ、オレっちはどうして部下の問題でこんなに悩まなきゃいけねぇんだ」
や「解決策。それはあくまでも当事者が考えればよい。お前さんの役目は、客観的な立場でサポートすることであり、一緒に悩み苦しむものではない」
安「そう考えたら気が楽になったよ。仙人、ありがとな」
や「ところで、部下の問題とは一体何なのじゃ?」
安「飲み屋のおねぇちゃんランキングの一位を決める審査員になってなぁ。これを決めるのは悩むし、お気に入りが一位じゃなきゃ落ち込むしよぉ」
や「そんなことかいっ!」