職場の教養

長年使っていたものというのは
愛着が湧いてくるものだ
が、残念ながらものには寿命がある

特に家電製品はどこかで故障が生じてしまい
修理をする部品がないため
泣く泣く手放さなければいけないことが多い

このときに
「もう捨てるから」といって
粗末に扱ってしまっていたと思う

捨てるものでもしっかりと手入れをして
感謝を込めて手放すということを
やっていなかった

強いて言うならば
前に乗っていた車を引き取ってもらう時に
ピカピカに磨いてから手放したことがあった

あのときは気持ちよかったな
そのことを思い出して
車以外のものでも処分するときには
感謝の気持ちを込めて手入れをしてから捨てるようにしよう

そうすることで、新しいものに対しても
「これからよろしく」
という気持ちが湧いてくるだろう

Youtubeちゃんねる「ひろさん」、登録よろしくね♪

「幸せな男女関係をつくる!」動画もぜひご覧ください
日本婚活コーチング協会チャンネル

Amazonで小説
「コーチ物語」シリーズ
を続々発行中!

小説メルマガ「コーチ物語」ぜひお読みください

メルマガ購読・解除

コーチ物語 〜明日は晴れ〜
購読 解除   読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!