安田課長とやる気仙人が繰り広げる、コミュニケーションのコツ、ポイントをコント仕立てでお届けする動画です。
今回のテーマは「仕事の楽しさを伝えるためにやるべきこと」です

登場人物紹介

安田課長(以下「安」)
営業の課長でいつも部下や家族とのコミュニケーションで困っている

やる気仙人(以下「や」)
安田課長が困っているとアドバイスをくれるお助けマン

安「であるから、仕事は真面目一本だけではなく自分から楽しみを見つけないといけないってわけだ。わかったか」

や「ほう、今日の安田は新入社員になにやら教育をしておるようじゃな。もっともらしいことを言っておるが、どれどれ、どんな話をしておるのじゃ」

安「えっ、仕事で楽しみってどうやって見つければいいのかって?えっとだな、それは…」

や「新入社員から質問されて困っておるようじゃな。確かに、仕事で楽しめと言われても、どうやってそれをやればよいか、迷うわなぁ」

安「そ、それはだな…ちょ、ちょっと待ってろ…」

や「おや、安田のやつ舞台裏に行きおったが…」

安「おい、仙人、仙人、どうせその辺にいるんだろ。今の質問、どうやって答えりゃいいんだよ。教えてくれよ」

や「おやおや、小声でワシを呼んでおるが。仕方ないのぉ。おい、安田、安田よ」

安「お、いたいた。もうわかってるだろう。連中になんて答えりゃいいんだよ。教えてくれよ」

や「その答えを出す前に、お前さんに一つ質問じゃ。安田よ、お前は仕事を楽しんでおるのか?」

安「もちろんじゃねぇか。辛い時や苦しい時もあるけどよ、やっぱ仕事は楽しいんだよなぁ」

や「ではお前さん、その楽しみが周りににじみ出るくらい楽しんでおるかな?」

安「周りににじみ出るくらい?う、うぅん、部下はどう思ってるだろうなぁ」

や「そこじゃ。まずは率先垂範。上司であるお前さんたちが狂ったように仕事を楽しまんと、部下にその楽しさが伝わるわけがないわい」

安「うっ、た、確かにそうだなぁ。じゃぁ、オレっちが楽しげにやってりゃ、新入社員たちも楽しくやってくれるってことか」

や「その通り。どんなものでもまずはお手本を見せんといかんわい」

安「じゃぁ、オレっちがその楽しさのお手本になればいいってことだな。よし、わかった」

や「さて、本当に大丈夫かな?安田のやつ、壇上に戻ったが。どんなふうに新入社員に伝えるのかな?」

安「イエーイ!おめぇら、仕事を楽しむってな、まずはこのオレっちを見ておけってんだ。こうやって、仕事ってのはな…」

や「な、なにやらノリが急に変わってしまったが。これでは飲んだ時におねぇちゃんにからむ安田ではないか」

安「いいか、まずはな、お手本であるおれっちをしっかりと真似するんだぞ。ほれ、早速やってみろ!イエーイい!楽しむぞぉ〜」

や「会場はちょいとドン引きムードになっておるが…おや、ちょっと変化が出てきたぞ」

安「おっ、そこのお前、なかなかノリがいいじゃねぇか。その調子、もう一発いくぞ!イエーイ!」

や「ほう、徐々に会場全体を巻き込んで楽しげなムードになってきおったわい。うむ、ちょいと危なかったが、これでいいんじゃ」

安「さぁ、この調子でフィーバー!」

や「安田、それはさすがに死語じゃ…」